行ってみよう京都・滋賀・奈良

京都 桜の名所



 京都の大学で学ぶ学生諸君のために、京都案内をしましょう。「京都に学び京都で遊ぶ」を合言葉にして、毎月京都の面白い場所をお知らせします。今年京都の大学に入学した新入生も京都にいて京都を歩いていない学生さんもどうぞお楽しみください。

 京都の春4月は何と言っても桜の案内でしょう。大学キャンパス内に咲く桜もなかなかのものです。だけど京都は桜の名所が沢山あるのです。京都の、あるいは京都に近い利便性をいかして、何箇所か回るのも面白いことでしょう。以下桜の名所をお知らせしましょう。地図を見ながら京都の街中を散策しませんか。

1. 醍醐寺

 豊臣秀吉の「醍醐の花見」で有名です。地下鉄東西線の醍醐駅で降りて、東に10分程度歩けば醍醐寺です。山上の上醍醐もいいのですが、下醍醐の桜も見事です。三宝院前の枝垂れ桜や宝物館奥の桜は素晴らしい眺めです。桜の横綱と言ってもいいでしょうね。

2. 哲学の道

 南禅寺の桜を見て、哲学の道をたどり、銀閣寺に至るコースも人気です。疎水沿いに歩く2キロ程度の散策ですが、路が狭いので少し混雑しそうです。蹴上から南禅寺までのインクライン沿いの桜も見ごたえがあります。途中に茶店やお洒落なレストランもあり、お店を覗きながら歩くのも楽しいでしょう。最後は京大正門前のレストラン・カンフォーラでイタリア料理をいただくのも一興でしょう。

3. 清水寺から八坂神社へ

 清水寺の桜はライトアップもあります。奥の院から眺める桜は京都の象徴でもあります。
 三年坂・二年坂をへて、高台寺に向いましょう。京都観光の醍醐味を味わえるコースでもあります。丸山公園の枝垂れ桜は、この時期、超満員になる場所ですからご用心。平野屋の「いもぼう」は京都を代表する料理でもあります。

4. 平野神社

 北野白梅町と金閣寺の中間に平野神社があります。ここの桜は早咲きで有名です。
 「花より団子」は何時の時代でも同じこと、桜の下は昔風の露天や茶店がひしめいています。平野神社に参拝したら、桜茶をどうぞ、桜の花びらと塩辛いお茶がよく似合っています。立命館衣笠キャンパスはすぐ近くですから、学食を覗いてみませんか。

5. 室生寺

 ここの桜は平野神社と反対で、遅咲き。丈の低い御室桜として有名です。歩いて花見をするなら、周りは桜の花・花・花、ため息がでそう!桜の園は狭いのですが、何故こんな背の低い桜があるのか、不思議に感じることでしょう。東にもどれば、竜安寺の石庭です。石庭にかかる一本の桜は、絵になる景色です。