行ってみよう京都・滋賀・奈良

トップページ > 行ってみよう京都・滋賀・奈良 > 滋賀 日吉大社から比叡山延暦寺へ

滋賀 日吉大社から比叡山延暦寺へ



 滋賀の5月は、日吉大社から比叡山延暦寺を訪れました。日吉大社はJR比叡山坂本あるいは京阪坂本が便利です。京阪坂本駅を降りるとすぐに最澄が生まれた生源寺です。ここで最澄の生涯を学んでおきましょう。お寺の先に日吉大社の大鳥居が目に入ります。ここの日吉蕎麦を食べてから歩くのもいいかも。

正源寺 日吉そば
 景色のいい坂道を歩いてゆくとやがて日吉大社の入り口につきます。日吉大社は広大な神社で緑のトンネルをぬけて西本宮に向かうと朱塗りの建物があざやかです。ここから神輿(日吉大社の神輿)を見学しながら東本宮に向かいます。東西の本宮がある神社なのですね。

日吉大社 日吉大社
 日吉大社を参拝した後、坂本のケーブルに向かいます。琵琶湖を眺めながら一挙に比叡山を登り、ケーブル駅から延暦寺に行きます。比叡山には三か所の修行道場があり、東塔と西塔と横川に分かれています。比叡山の中心は東塔で、ここに根本中堂があります。
今回は三か所の修行道場を訪ねてみましょう。

 比叡山のシンボル根本中堂は荘厳な建物です。本尊の薬師如来とその前に輝く法灯が見所になります。信長の比叡山焼き討ちの時にも、法灯は姫路の書写山にのがれて伝統を守ったそうです。1000年以上続く伝統に感動し、日本の隠れたパワーというものを感じる時です。根本中堂の正面の丘に円仁の石碑と円仁をサポートした新羅人の石碑があるのも見逃さないでください。

 ここから西塔に行く途中に大講堂があります。ここの中には比叡山で修行した名僧・高僧の姿が展示されています。最澄は勿論、円仁、円珍、良源、法然、親鸞、栄西、道元、日蓮などそのそうそうたるメンバーに驚くばかりです。西塔は道を少しばかりくだって歩きます。最古の建物が緑に覆われてとてもきれいです。

 西塔から横川までバスで行くのが便利です。横川は尾根伝いに滋賀県方面に少し下ります。横川の修行道場を開いたのは良源(元三大師)で、そのお弟子さんが恵心僧都になり、浄土宗を開いた法然や親鸞さらに禅宗を開いた栄西や道元、日蓮宗の日蓮などもここで修行をしたそうです。横川はまさに修行道場だったのですね。