行ってみよう京都・滋賀・奈良

奈良 奈良公園



 奈良の6月は奈良公園に来ました。奈良公園も緑がきれいで広いですね。近鉄奈良駅から東に歩くと興福寺にでます。興福寺の阿修羅像は少年の凛々しい姿でとても神秘的なまなざしです。興福寺をぬけると奈良国立博物館です。旧館は京都国立博物館と同じく、片山東熊の設計ですが、今は新館が使われています。

興福寺五重塔  奈良国立博物館・旧館
興福寺五重塔  奈良国立博物館・旧館

 博物館をぬけて東大寺の参道に入ります。鹿がセンベイをもらいに近づいて来ます。東大寺南大門の力士像は運慶・快慶の傑作です。その大きさと力強さに圧倒されます。南大門を通り過ぎると、東大寺の大仏殿が迫ってきます。「菊の香や 奈良には古き 仏たち」奈良はなんと言っても大仏さま。2度にわたる修復をへて、歴史を生き抜いてきた大仏は荘厳そのものです。

東大寺大仏殿 鹿の食事
東大寺大仏殿 鹿の食事

 ここから右手に10分ほど歩いて二月堂を見学してください。お水取りのおこなわれる二月堂はとても壮大な感じがします。火の乱舞するに相応しい壮大さと堅牢さを誇っているようです。3月初めの「お水とり」は、春のおとずれを告げる象徴です。

二月堂 雰囲気のある散歩道
二月堂 雰囲気のある散歩道

 2010 年は、奈良遷都1300年際を祝いました。平城京に南大門と大極殿が再興されました。平城京遺跡を残したのは賢明だったと思います。なんと言っても、日本の最初の首都でしたから・・。日本人の故郷をきちんと保存することの重要さを感じます。ここを訪れるのは西大寺駅が便利です。ついでに西大寺駅から5分程度の西大寺も訪れてみませんか。東大寺と並ぶ大伽藍のお寺でしたが、今は塔の基壇に昔の面影を残すのみです。

南大門 大極殿
南大門 大極殿
本堂 塔の基壇
本堂 塔の基壇

法隆寺はお寺の規模もさることながら、金堂の壁画や仏像など時間をかけてみるものが沢山あります。釈迦三尊像・夢違観音像・聖徳太子像・百済観音像・救世観音像など枚挙にいとまもありません。白鳳文化の粋がここにはあります。京都・奈良で学べる素晴らしさを実感してください。